スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

御社の商品の魅力、伝わっていますか?ペルソナ・マーケティングでお客様を起点に「チラシ」「Web」を構築!

 2015-11-09
…………………………………………………………………………………
あなたは、自社の商品に自信がありますか?
…………………………………………………………………………………

商品に自信があるあなた様、

「自社の商品に自信があるけれど、
その魅力がなかなかお客様に伝わらない…」


そんな悩みを抱えていませんか?

商品に自信がある方は、商品への思い入れが強くなり過ぎ、
商品視点で物事を考えてしまう傾向があります。

その場合、売り手都合の一方的な情報の押しつけになりやすく、
結果、「お客様にうまく伝わらない」という現象を引き起こしてしまうのです。

商品にいくら魅力があっても、それがうまく伝わらなければ
意味がありませんよね。

お客様が普段どのようなことを考え、何が心に響くのか…、
そういったお客様の心の中が見えなくなってきたあなたに、
是非おすすめしたいマーケティングの方法があります。

それは、「ペルソナ・マーケティング」です。

…………………………………………………………………………………
ターゲットは、一人のお客様を想像しよう
…………………………………………………………………………………

不自由なく生活できるモノ余りの現代では、
「自分らしい生活」を商品、サービスに求める消費者が増え続けており、
商売においては、売り手発想ではなく、お客様発想のマーケティング
求められます。

あなたもチラシ・DMやWebを構築する上で、
まず最初にターゲットについて考えると思います。

それは例えば、「広島市安佐南区に住む、40代の子育て世代の主婦」とか
「広島市西区に住む30代の会社員男性」などのような、
大枠の属性設定をされるのではないでしょうか。

しかし、それでは、お客様の生活様式や人柄、悩み、本当に求めている
ライフスタイルは、見えてきません。

お客様中心で発想していくためには、お客様がどんな人間で、
普段どんな生活をし、どんな悩みを抱え、何に関心を持っているのか
を、
具体的に明確にする必要があります。

このようにして具体的に描いた一人のお客様の人物像を
「ペルソナ」と呼びます。

ターゲットとなるペルソナの生活様式や関心事、悩みなどを
明確にすることで、お客様に「どんな商品を、どのように訴えたら
伝わりやすいか」
が、見えてきます。

ペルソナイメージ


…………………………………………………………………………………
お客様が共感する新しいライフスタイルを提案する
…………………………………………………………………………………

ペルソナが設定できたら、次はその人物像に届けたい“ライフスタイル”
考えてみましょう。

その人物の日々の暮らしの中で、あなたの商品をどのようにして
役立ててほしいかを、考えてみてほしいのです。

なぜなら、モノ余りの時代の中で、お客様は「モノ」を買っているのではなく、
そのモノを通じた“新しいライフサイクルを手に入れたい”
考えているからです。

…………………………………………………………………………………
ペルソナ設定の手順
…………………………………………………………………………………

【ステップ①】「ターゲット層の仮定」
まずは、あなたの会社が“ファン”にしたい顧客層を
仮定していきましょう。

その際、「40代主婦」「30代会社員」などの曖昧な区分では
ほとんど意味がありません。

自社のコンセプトに合う、潜在的なニーズを持った顧客層
イメージしましょう。


【ステップ②】「ペルソナ設定」
ターゲット層が決まったら、架空の一人の人物像に
落とし込んでいきましょう。

この段階では、その人物の生活や日頃の悩みなどがイメージできるような、
詳細な情報まで検討しましょう。

この中で重要なのは、属性ではなく、その人物像が得たいライフスタイル、
そして悩み、不安
です。

ペルソナとなる人物像の悩みや不安を解消することができたならば、
チラシやWebの反響は、一気に高まっていくことでしょう。


是非、ペルソナ・マーケティングで
お客様を起点に「チラシ」「Web」を構築してみませんか?!
スポンサーサイト

カラーチラシより、 1色チラシの方が反応が高いケースがある

 2014-11-17
新聞に折り込まれているチラシのほとんどは、カラーチラシです。
カラーの方が、「見栄えが良く目立つ」と思っている方も多いと思います。

しかし、以前も述べたことがありますが、
カラーより2色、1色のチラシの方がコストも低く、親近感が伝わり、
反響が高い
ケースがあります。

下記のチラシは、リラクゼーションのお店と美容室のチラシ。

1004マッサージチラシ1003美容室チラシ

特にリラクゼーションのお店では、
およそ1万件の折込に対して100件の新規を獲得することができ、
なんと反響率1%という驚異的な結果が出ました。

通常この業界のチラシを考えますと、1,000件に1件の割合、
すなわち0.1%の反響を取ることができれば費用対効果は十分で
「反響が高い」と言えます。

従ってその10倍の1%の反響は、極めて高いと言えます。

但し、1色チラシはカラーチラシに比べて信頼性が低くなり
「このお店は大丈夫?」と思われる可能性があります。

従って注意点としては、
チラシのデザインには細心の注意をして整えながらつくることと、
裏面を使って、会社やお店の特徴をしっかり伝えることが重要になります。

1003美容室チラシ裏

新聞販売所に持ち込むことで 、チラシを束ねる帯になり目立つ!

 2014-10-22
折り込みチラシで目立つには、
チラシを束ねている帯になることがポイントです!

chirashi-obi

帯になったチラシには必ず一番に目が行く。

これは新聞販売所の裁量で行われており、
直接持ち込んでお願いすることで可能になります。

帯にするだけで、数あるチラシの中で目にとまる確率は断然高まります。

簡単なことですが、意外とご存じで無い方が多いです。

◆『帯』にしてもらうための条件
○チラシサイズはB4サイズ
○紙はマット紙
○新聞販売所に持ち込み、直接お願い

黒板をつかったマーケティング

 2014-09-16
マンションの9階にお店を構えるこちらの整体院では、
リピーターがメインの顧客ですが、新規顧客の開拓も課題でありました。

チラシをまいたりホームページを工夫したり、色々な取り組みをしましたが、
マンションの9階ということで入りづらいのか、中々効果が出ません。

そこで、マンションの1階に店舗案内の黒板を設置させてもらうことで、
新規のお客様が劇的に増えました!

atras-easel

黒板に書かれた内容もさることながら、黒板自体の見た目もかわいく、親近感がわく。

黒板に設置したチラシも毎日のように減っていきます。

こちらの黒板は、2万円ほどの費用がかかったそうですが、
印象的かつ親近感ある黒板で、初めてのお客様が入りやすくなったようです。

40代~50代の主婦には、カラーチラシより2色チラシの方が反響が高かった!

 2014-08-09
1色や2色のチラシに比べ、
カラーチラシの方がより綺麗で見栄えが良いのは事実です。

しかし、結果的に意外と1色や2色のチラシの方が反響が高かった!
ということが、少なくありません。

40代~50代の主婦にとっては、カラーのチラシよりも1色や2色のチラシの方が、
安いスーパーのチラシという印象があり、安さ感やお手軽感があるのだと思います。

こちらのスポーツクラブでは、これまでカラーのチラシを中心に行っておりましたが、
2色印刷機を導入し、カラーのチラシと2色のチラシを交互に行ったところ、
2色チラシのほうが反響が高いという結果になりました。

bline1001

色つきの紙に自社の2色印刷機で印刷。
紙の色も含めると3色チラシにも見える。


当然、コストはカラーより随分抑えられ、
なおかつ反響が高いので言うことはありません。

ただ、時折カラーのチラシも行うことで、
2色のチラシの効果がより高まっているのかもしれません。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。