FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

人事評価で社員のモチベーションアップ

 2013-03-09
◎社員の不満の第一位は『評価されない』こと

御社では、きちんと人事評価ができていますか?

中小企業における社員の不満の第一位をご存じでしょうか?
それは、給料が低いとか、休みが少ないといったことではなく、
実は、『評価されない』ということなのです!

特に、がんばっている社員や成果を出している社員ほど、「評価」を気にします。
人間は『頑張って分だけ認められたい』と思う生き物なのです。

しかしながら、ほとんどの中小企業では
社員の評価を社長の経験と感覚でエイヤーと勢いで決めているか、
もしくは、他の社員と皆同じ的な感じで昇給や賞与を決められている
企業が多いように思います。

昇給も賞与も、社長が決められる権限です!

ですから、社員のモチベーションを高めるために有効に活用すべきなのです。

例えば、年に2回、賞与支給の際の6月と12月に評価を行い、
その結果に基づいて賞与を支給し、昇給を決めるといった方式もあります。

人事評価制度というと何かと難しいものを連想されがちですが、
社長が社員に期待することころを点数化していけばいいのです。

結局、社長の感覚と点数は合っていきますが、
それをきちんと社員にフィードバックしながら、
社員のやる気や育成につなげていくことが大事です。

社員も認められたいと思っていますし、
がんばりがきちんと評価されて個人面談などでフィードバックされると、
一生懸命に聞いて、自分の改善に活かそうとしてくれます。

何せ、給与や賞与と評価が連動していますから。

公正な評価というのは、一律に同じ額を昇給することではなく、
実際の能力・成果に基づいて評価し、その結果に応じて個別に支給金額を決めることだと
私は思います。

◎シンプルな評価シートで社長と社員の相互理解を


弊社でのオススメは、A4一枚のシンプルな人事評価シートの活用です。

個々の課題において100点満点で何点だったか、
社長も社員もお互いが分かりやすいようなシートです。

あとは、社員各位に半年間の目標を自分で立てていただき、
1時間程度の個人面談によって、その評価結果と合わせて
期待や課題をフィードバックしていくのです。

ぜひ、人事評価をきちんと行い、社員のモチベーションアップにつなげていきましょう!

上記のA4一枚、シンプルかつ分かりやすい人事評価シート。
弊社でも作成のお手伝いをしております。

もし、ご自身での作成に迷われるようであれば、お気軽に私どもにご相談ください。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。