FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

成長へのバネは『悔しい想い』

 2013-07-10
◎『悔しい』と思えることは成長できる証

先日、自分の趣味の活動の大会に出場するため、大阪まで行ったのですが…
なんと、1回戦負けというとても悔しい想いをしました。

時間もお金もかけて、集中して臨んだつもりが、力不足で。。。
でも、ここで『悔しい』と思えるということは、まだこの先成長できる証でもあります。

◎成長の陰には悔しさや失敗あり

自分が今まで成長したなと思える時期には、必ず悔しい想いや失敗の経験が同居していました。

私の悔しい体験と言えば、小学生のころは勉強も遊びもスポーツも何をやっても兄には勝てず、
悔しい想いをしていました。

だから、『兄に負けたくない!』と、スポーツ系は必死で練習したので、
同級生には負けることがありませんでした。

高校生の時、かねてから念願のサッカー部に入ったものの、
まわりは小中学校からサッカー部の連中ばかり。

当然、初心者の自分はまわりに比べて下手で、悔しい日々の1年間を過ごしました。

しかし、必死で練習した結果、レギュラーを奪取!

しかも、高校からサッカーをはじめたにも関わらず地域の選抜に選ばれたのは、
相当嬉しかったです!

社会人になってからも、まわりは優秀な人ばかりで全く歯が立たず、
毎日悔しさを通り越して、怒りすら覚えていた数年間。

しかし、この悔しい時期があるから、今ではどんなことでも辛いと思うことがなくなったように思うのです。

つまり、このような失敗や悔しい経験が、自分を成長させてくれるバネになっているのでしょう。

◎『悔しい想い』ができる場に足を運ぼう

失敗はなるべくしたくないけれど、『悔しい想い』ができるような場には
積極的に足を運ぶべきかと思います。

おそらく『悔しい』という想いは、チャレンジしなければ生まれないのです。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。