FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

チラシは、つくり手の気持ちが、そのままお客様に伝わる

 2012-10-20
先日、山口でチラシの講習会に招かれて行ってきました。

その講習会の参加者に自然食品の宅配をされている方がおられ、
そのチラシについて意見交換をさせていただきました。

◎チラシづくりに大切なのは『楽しんでつくる』こと


デザインのレベルは高いのですが、見た瞬間に
「これは、時間に追われてチラシづくりに疲れているな」と察しました。

そこで、失礼を承知で、
「チラシのデザインは良いですが、お客様にはつくり手のストレスが伝わっていますよ」と、
苦言を呈させていただきました。

すると、その方は
「まさにその通りです。時間に追われて、チラシを楽しむ余裕がありませんでした」と。

チラシづくりは、知識やテクニックも大事なのですが、
実はそれ以前に、「楽しんでつくること」が一番大事なように思います。

ですから、その方に、
「このチラシを友達に自信を持って送って見てもらえますか?」と尋ねると、
やはり「友達には送れない」と言われました。

なぜなら、気持ちが入っていないから。

チラシって不思議ですよね。つくり手の想いがにじみ出るのですから。
人間の顔と同じです。顔は、その人の生き様が映し出されますから。

そう考えると、チラシは会社の顔ですから、つくり手の想いが非常に大事です。

売ることに追われて、肝心なお客様への想いが伝わらなくなったのでは、本末転倒。
チラシはやらないほうがいいくらいです。

◎チラシはゆとりをもってつくろう

では、チラシづくりはどうやったら楽しめのるか?
と思われるでしょう。

まずは、しっかりとミーティングすることから始めませんか?

経営者や上司と、または社員と、チラシづくりについて考えを共有したり、
チラシづくりの位置づけを業務の中で高くして、ゆとりをもってチラシをつくることが大事です。

チラシというものは不思議なことに、
楽しい気持ち、楽しい雰囲気でつくると、その『楽しい雰囲気』がお客様に伝わりますし、
疲れてつくったのであれば、それもそのまま『苦しい雰囲気』としてお客様に伝わります。

チラシって怖いですねー。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rucblog.blog116.fc2.com/tb.php/1-c5711edb
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。