FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

リーダー社員の突然の退職

 2013-04-22
◎社員の退職は、経営者の精神的ダメージが大きい

中小企業を経営していると、様々なトラブルに接すると思います。
その中でも経営者の精神的なダメージの大きい問題が、社員の退職です。

それが、『期待しているリーダー社員が、突然辞めると言い出した』となると、
なおのこと大変な問題です。

しかしながら、一旦辞めると言い出した社員は、
大抵の場合引き止めることは不可能です。

私にも経験がありますが、社員の退職に関しては、本当に心が病みますね。。。
ですから、そうならないうちに、日ごろから対策をとる必要があります。

◎自然なコミュニケーションを阻害する、立場の違い

結局のところ、日ごろからのコミュニケーションが大事なのだと思います。

しかし、『経営者』と『従業員』という立場の違いが、
普通のコミュニケーションを阻害
していきます。

たとえ、それまで友達同士の関係であっても、いざ経営者、従業員という立場になるとどうでしょう。

従業員の立場になれば、経営者は知り合いではなく、
自分の給料を決める存在になってしまい、そこに大きな壁ができるのだと思います。

そんな壁が自然なコミュニケーションを阻害し、
ゆくゆくは突然の『辞めたい』というような問題に発展していくのではないでしょうか。

◎一対一で本音で話す場を持とう

そんな社員の退職に関するトラブルを未然に防ぐには、
やはりコミュニケーションを増やすしかありません。

但し、上記のように普通の日常コミュニケーションを取ること自体が難しいのが実態かと思いますので、
定期的な飲みニケーションや個人面談のような形式的でもよいので、
経営者と従業員が一対一で本音で話す場を、年に数回は持つことをおすすめします!

私も、社員の誕生月に、祝いも兼ねた飲みニケーションを各人1年に1回、一対一で行っていますが、
お互いが本音で話す、良い機会となっております。

また、2ヶ月に1回は個人面談をするようにしています。

このように、あえてコミュニケーションを仕組化することが、
トラブルを未然に防ぐために必要と考えています。

経営者の中には、「あの社員とは話しづらい」というような愚痴を言われる方もいらっしゃいます。
そうなる前に、様々な形でコミュニケーションの場をとることをおすすめします。

但し、社内だけでは、しがらみや利害関係で難しくなっているようであれば、
弊社のような外部ブレーンを有効に活用ください。

社員とのコミュニケーションの潤滑油となり、経営者と社員の信頼関係構築に役立っていきます。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rucblog.blog116.fc2.com/tb.php/9-7bd7314a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。